からす

鴉 Original Photo via flickr.com

黒い影がずっと着いてくる
身を隠すでもなくそっと
前の街から
わたしの行方を見届けようと、鴉が着いてくる

黒い影は追い越そうとはしない
ショーウィンドウに姿を写す
わたしの様子を
上着の中を値踏みするように、鴉は追い越そうとしない

わたしの脇を車が通りすぎて止まった
突然大きな羽音がして、
身をすくめたわたしを促した
黒い影は真後ろにピタリとついて、わたしを共に先へ促す
 

シューベルトの歌曲集《冬の旅》から第15曲「からす」
詩は、ヴィルヘルム・ミューラー

  
Download now or listen on posterous

D911-15.mp3 (1851 KB)

バリトン:ゲルハルト・ヒュッシュ、1933年録音。


15. Die Krähe からす
Eine Krähe war mit mir 一羽のからすが僕の側を
Aus der Stadt gezogen, あの街からついて来ている。
Ist bis heute für und für 今日までずっと
Um mein Haupt geflogen. 僕の頭の上を飛び廻っている。

Krähe, wunderliches Tier, からすよ、奇妙な獣よ、
Willst mich nicht verlassen? 僕から去って行こうとは思わないのか?
Meinst wohl bald als Beute hier きっとすぐに餌として
Meinen Leib zu fassen? 僕のからだをここで食べるつもりなんだろう?

Nun, es wird nicht weit mehr gehn もはや、これ以上旅杖をついて
An dem Wanderstabe, 歩き続ける事もないだろう。
Krähe, laß mich endlich sehn からすよ、墓に入る最期まで
Treue bis zum Grabe. 僕に誠実さを見せてくれ。